ゆかいな日常 入魂の記事ピックアップ

成長速度は十人十色。息子1歳4ヶ月の最近の成長が目覚ましい。心の成長に感動した話

投稿日:2018年9月1日 更新日:

こんにちは、うみうまです。
ネット環境が死んでいたため、久しぶりの更新となりました。もはやWiFiは空気と同じくらい欠かせないものだと身に染みた日々でした…

 

1歳4ヶ月第2週の息子の成長

運動面以外の発達はのんびりな息子ですが、ここ1週間の成長がとにかく目覚ましかったので聞いて下さい。

 

ドアを開けるようになった

階段前にゲート設置してるので、リビングから出て行っても特に困ることはないんだけど、気付くと寝室行ってテレビの電源入れて戻ってきて、何食わぬ顔して普通に遊んでるの面白い。

 

手を使わず階段を上れるようになった

公園行くとボール絶対離さないマンになるので、きっと執念の賜物でしょう。

 

おもちゃの遊び方がレベルアップした

お正月に義実家から頂いたけど、当時つかまり立ちして危なかったので最近まで出していなかった木のスロープ。ぐにゃぐにゃした連結車をレール内にうまく置いて滑らせられるようになった。

 

この木のスロープって2ヶ月前に買ったボール転がしのツリースロープ(記事はこちら)と似てる。

これ、お気に入りトップ5入りするくらいよく遊んでるんだけど、何かを転がして反応があるという点で上の木のスロープも同ジャンルな感じで、いい知育玩具だなと最近思う。

同じの見つけられなかったけど、木のスロープ。

 

あと、ボーネルンドの魚釣りパズル

最初魚を振り回すくらいしか出来なかったのに、突然ちゃんと釣り人っぽく遊んでた。

対象年齢4歳以上だからパズルは難しいんだけど(ちなみにケツピタは出来なかった。わたしは出来た。もう一度言うけどケツピタは出来なかった)、お魚釣りは磁石が強力なので釣りやすい。

 

ちょっとこれ見て。
教えてないのに「釣った魚をさも釣り歴長いオッサンっぽく脇に集めてる」の面白い。

 

 

寝かし付けのハードルが下がる

1歳過ぎてから添い乳では寝なくなってきて、毎晩ケツピタが「抱っこ→ラッコ抱き」で30分程かけて寝かせてたんだけど、最近は「5分抱っこ→置くと寝る」というハードルの低さに。
ケツピタ出張中は、やはり添い乳では寝なかったので寝たフリしてたら勝手に寝た!!

あれほど寝なかった息子が…(目頭が熱い)

 



 

段差の降り方が変わる

大きな段差はお尻から慎重に降りていた息子。最近は足から降りるようになった。
でもこの「お尻がひょっこりはん」がもう見られないのは残念だ。

 

 

でもまぁ、これらは単なる成長過程と言いますか、どれも遅かれ早かれ出来ることなんだよね。

先週何より感動したのは…

 

 

息子の心の成長をはっきりと感じた出来事

読んで欲しい絵本があると持って来るようになった息子に喜んでいたのだが、困ったことがあった。それは、

毎回投げ付けてくる!!

 

家にいる時は大体横になっているズボラーうみうま。そんな中、なんの前触れもなく四方から絵本が降ってくる。これ普通に危険!!絵本の背表紙めっちゃ痛い!!

 

横になってなくても、渡し方がとにかく荒い。手の甲に絵本の背表紙当たると地味に痛い!!絵本の背表紙めっちゃ痛い!!

 

で、分かってないだろなーと思いつつも、毎回「どうぞ」と優しく渡すレクチャーを1日何度も繰り返すこと2週間…

 

 

ある日のことでした。

背後から気配を感じ、「むむ!背表紙が来る!」と防御の構えをした所…

 

 

 

や、優しく手渡しされたー!!

 

「お前が教えてたんちゃうんかい!!」ってツッコまれそうなんだけど、前にも書いたけどわたしの中で息子はまだまだ赤ちゃんだったんだよ…

 

言ってることちゃんとわかってたんだなー
背表紙の襲撃喰らう度、痛みに嘆いてるのもわかってたのかなー

 

 

 

息子はもう、二度と絵本を投げなくなった。
手を出してない時は、優しくわたしの手を取って絵本を持たせてくる。

 

もうね、涙。

背表紙の襲撃に流した涙以上の、感動の涙。
産前経験したことのない、嬉しいやらどこか寂しいやら色々混じった、これは多分母親の涙なんだろう。

 

 

もう息子は赤ちゃんじゃなかった。しっかり心と意思を持った男の子だった。

分かってないだろうしって思うの、もうやめる。

 

 

 

 

そんな息子ですが、今また食べないウィークに突入していて(ウィークどころかマンス)、1週間滞在中あの手この手尽くした実母も諦めて帰って行った。

 

出来ることも急激に増えたけど、依然としてなかなか進展しないことも、もちろん多々ある。

超偏食だし、スプーンどころかマグもコップもまだ使えないとか、自己主張も激しくなって手こずる場面も増えてきた。

 

しかし、
それをも上回る、面白くて嬉しくて、心が震えるような成長の数々

 

1歳過ぎてからの成長ほんとすごい。
次で最後。

 

 

わたしをおちょくるようになる

食べ物じゃないものを口に入れようとする度、いつも慌てて止めてたんだけど、最近この人…

 

わざと口に入れようとして、反応見て笑ってる!!

 

これってどういう感情なんだろ。からかってる?おどけてる?
いずれにせよ、ふざけて相手の反応楽しむなんて、すごい心の成長だ。

 

以上、1歳4ヶ月第2週の息子の成長でした。

 

 



 

成長速度は十人十色

息子、意味のある発語はまだゼロ。生まれて初めての言葉って何なのか楽しみにしてたら、最近連日で息子が「お母さん」とか「モッツァレラチーズ」とか言ってる夢見て、「どんだけ心待ちにしてるんだよ!」って自分に笑った。ていうかモッツァレラチーズて。

 

この間ある人からいつも二人きりで刺激が少ないから遅いんじゃないと言われた。

 

 

ちょ、待てよ(キムタク風に)

 

わたしは、0歳から保育園に通っていても2歳半まで喋らなかった姪っ子を知っている。それに、絵本の読み聞かせをしていると喋り出すのも早いって話を最近聞いたが、全く当てはまらない息子が目の前にいる。

 

つまり、この手の「〜すると早い」だの「〜しているから遅い」というのは、「子によって違う」としか言いようがないのは明確だ。だから気にしない。

 

ちなみに姪っ子は2歳7ヶ月から突然溢れ出すように喋り出し、3歳目前の今ペラペラだ。

 

 

成長速度ってほんと十人十色、千人千色。
わたしなんて母子手帳見ると1歳6ヶ月でおむつ外れてるけど(今の息子じゃ到底考えられん)、でも卒乳は4歳だし、ケツピタなんて32歳まで彼女出来たことなかったしね。謎の暴露

 

これからもマイペースな息子の成長楽しみに見守っていくぞー

 

 

 

では今日はこのへんで。


ではまたね。

 

 

 

 

 

 

 


 




-ゆかいな日常, 入魂の記事ピックアップ

Copyright© おもちが笑えば , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.