ゆかいな日常

踏切好きの息子1歳5ヶ月初めて電車に乗る!

投稿日:2018年10月5日 更新日:

こんにちは。雑誌の影響を受けて洗濯を夜にし始めたうみうまです。

朝起きるとほぼ乾いてるので、そのまま外に干せば昼にはもう全乾き!!

そして出かけるまでの時間短縮!!

 

今日はどこ行く?何して遊ぶ?

体力有り余り系の息子を連れて毎日どこ行こう何しようと考えるのが楽しい。

けど最近ネタ切れで何も思い浮かばず、とりあえず車を走らせながら思い付きでどっか立ち寄ったりする。

 

 

手を繋いで歩くのが好きな息子と、知らない町をぶらぶら歩くのが好きなわたし。お互いの好きがマッチングした「知らん町のコインパーキングに車停めて、あたりぶらぶら散歩」が専らのお出かけコース。

 

海見たり、

 

商店街ぶらぶらしながら見つけたシブイ喫茶店に立ち寄ってみたり、

 

ていうかね、「田舎だから」って今までどこに住んでも思ってたんだけど、何もないって決めつけてその町をつまらなくしてるのは自分だって最近気づいたんだよね。

 

わたしは青森出身なんだけど、高校の時からこんな田舎早く出たいって思ってて実際にすぐ出たんだけど、都会で生まれ育った人が青森が好きでよく旅行してるって最近聞いてちょっと見方変わったね。あと数ヶ月で引越すけど今住んでる伊豆半島も素敵な場所が沢山ある。

 

わたしはショッピングモールとかIKEAとかコストコみたいな商業施設が好きだけど、息子の「好き」とは一致してないんだよね。

まだ会話出来ないし本人が好きって言ってるわけじゃないけど、息子が立ち止まることが多いのは圧倒的に外歩いてる時。

 

 

立ち止まってしゃがんでる息子の視線の先を見てみると、小さな木の実が落ちてたり、ちっちゃな蟻だったり。

 

そういうのってちょっと感動する。

 

 

突然立ち止まってきょろきょろしてるから何事かと思ったら、よく耳を澄ますとどこかで踏切の音がかすかに聞こえてたり。

 

こちらが何か用意しなくても、五感をフルに使って勝手に楽しんでる。子供って面白い。

 

 

 

まぁ息子、ゲーセンも好きですけど。

 

 



 

息子初めて電車に乗る!!

公園に向かう途中、踏切を通過する電車をじっと見つめる息子を見て閃いた。

 

今こそ座学から体験の時だ

 

あと数ヶ月で東京都民になるのでそろそろ電車デビューしといた方いいかもって気持ちもあり。

 

1歳3ヶ月頃から絵本の踏切に興味を示すようになった息子。近くに踏切があるので頻繁に見せに行ったりしてるうちに、すっかり踏切好きになってしまった。(思惑通り)

 

最近は電車にも反応するようになってきた。

実家帰省で何度か乗ったことはあるけど、「電車」をちゃんと認識して乗るのは今回が初めてだ。

 

 

そしてついに・・・

 

息子、この世に生をうけて1年5ヶ月。

何度も絵本で見た。

実際に踏切を通過する姿も、何度も遠くから見た。

 

 

雨の日…はないけど、風の日も、晴れの日も、

踏切ごしに見てきた電車に・・・

 

今!!!!

 

 

の、乗ったーーー!!!!

 

 

息子とは思えないほどの大人しさ!!w

ていうか放心?
興奮し過ぎると逆に冷静になるやつ。

 

 

無反応に見えるけど内心熱く燃えている男

息子たまに人から「反応薄い」って言われるけど、表情や声には出さないけど瞳?瞳孔?見るといかに興奮しているかは一目瞭然。わたしにはね。

 

息子は瞳をこれでもかってくらいキラキラさせ、キョロキョロし、静かに感動していた。(多分)

 

 

息子の指に注目して欲しい

かすかだが指を立てているのがお分かりいただけるだろうか?

 

歴史に残る有名な指揮者が憑依したとしか思えないたたずまい。

 

そして、ついに・・・

 

 

息子初めて指差しをする

「停止位置オーライ。指差し確認よーし。」

 

 

すいません、嘘です。
今日初めて指差ししたらかなりドラマチックだったけど、ちょっと前からようやくやるようになりました。

 

 

あのね…
ネットや育児本などで「指差しは〇ヶ月くらいでやる」みたいな情報知ってるから「ようやく」って思っちゃうんだけど、早かろうが遅かろうが息子の「記念すべき初めて」には変わりなくて、いつ出来たって「よく出来た!すごい!賢い!」のに変わりはない。

 

でも今の情報社会で生きてると、100%素直にそう思えず頭のどこかで「ようやく出来た」って思っちゃうのがなんかなー。わたしだけか。

 

とりあえず今後息子が幼稚園、小学校、中学校と成長してって、何か出来るようになった時に「ようやく出来たね」なんて決して言わないよう気をつけたい…

 

わたしだって死に物狂いで3キロ落とした時もしケツピタに「ようやく3キロ?」って言われたらそのまま首根っこ掴んで樹海に連れて行きそうだしな。

 

 

終わりの言葉

ほんとに悩んでることは解決するまで人には言えないタイプの人間です。

実は食べないことよりこの5ヶ月悩んでたことが、ついに解決したので次回はそれについて書きます。

 

ではまた!

 

 

風呂入れよ。
歯磨けよ。
甘いもん食えよ。
夜はちゃんと寝ろよ。(自戒)

 

 

 


 


書いたよ☟
1歳5ヶ月まで母乳以外の水分を一切とらずに生きてきた息子がついに水に目覚めた話

 

 




-ゆかいな日常

Copyright© おもちが笑えば , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.