ゆかいな日常 入魂の記事ピックアップ

「気にし過ぎ」という言葉は誰かを傷つけていないか?赤ちゃんの発達と最近の息子の話

投稿日:2018年8月11日 更新日:

こんにちは。
順調にリバウンドしつつあるうみうまです。

楽天マラソン中にポチッたレアチーズケーキ。

 

予想通り食べ応えのある量!!ねっとりしてて美味しい!しかし酸味が58点分くらい足りない、残念。

 

ちなみに大きいサイズのケーキを買ったら、冷凍の状態でカットし、ラップに包みジップロックに入れて冷凍保存してます。食べる数時間前に冷蔵庫で解凍。コストコのケーキとか全部この方法。特別味が落ちる感じもなし^q^

 

最近の息子の発達はどんな感じ?

息子そろそろ1歳4ヶ月になります。

生後5ヶ月頃からいつもまとわりついて甘えん坊だった息子。月齢進むごとに加速し、家でも外でも手を繋ぐの大好き、「ぎゅー」と言うと遠くにいても走って飛び込んでくる。
(なんかすいません、ノロケみたいで)

ノロケついでに、鼻ほじりながらでいいんでこれ見て下さい。



加速する甘えん坊。
相変わらずよく笑い、よく泣き、そしてよく笑う。

 

発達に関しては、

出来ること

走る
傾斜のきつい坂道も歩いて登る
音楽を流すと踊る
積み木を2、3個積む

出来ないこと

・離乳食、相変わらず超偏食
・意味のある発語ゼロ
・大人の真似は拍手のみ
・叱られても理解してなさそう…

 

同月齢の子と比べると、まだめっちゃ赤ちゃん!!

 

もしかして、息子ちょっと遅れてる?

 



 

「気にしない」「気にし過ぎ」って言葉に傷ついた話

0歳時代って運動面の発達ばかり目に入りがちだけど、1歳過ぎると社会性や言語、心の発達の早い遅いも顕著に現れてくる。

知り合いから1歳半検診の内容を聞き、現時点ではまずどれも出来ないなーと思ったけど、検診まで2ヶ月。2ヶ月前の息子と今の息子を比べて、この成長っぷりはどうだろう。

大人ならともかく、1日1日物凄いスピードで物事を吸収し成長している息子の2ヶ月後を今から心配するなんてナンセンスだ。

 

仮に2ヶ月後も出来なくて検診で何か言われたとしても、その時その時最善の方法を探していくしかない。

 

 

 

と、強気で言ってますが…
気にする気にしないポイントも人それぞれなわけで。

 

息子が全然食べなくて、鉄分不足が心配で悶々としながら試行錯誤していた時、知り合いに「うちも食べないけど全然気にしてないよー。うまさん気にし過ぎ!」と言われ、腑に落ちない自分もいた。

 

「気にし過ぎ」って言葉は、時として誰かを傷つけているかもしれない、と思った。

 

わたしも言っていると思う。自分もそうだし、その人もきっと励ますつもりだっただろう。

 

 

けど、

「気にするのって悪いことなの?」「くよくよ小さいこと気にした子育てはだめ?」「自分が我が子のことを気にしなきゃ誰が気にしてあげるの?」

って自問自答するきっかけとなった。

 

 

気にすることに罪悪感を持つ必要なんてない
と、今は自分に言い聞かせてる。
人間一人育ててるんだ、存分に気にしていくよ。

 

でも、
「考え過ぎだよ」「気楽に気楽に」

って言われて心が楽になることも沢山ある。

 

 

うーん、難しい。
息子生まれてから、ますますメンドクサイ奴になっちまったぜ。

 

 

わたしは、有名人だと高須院長やデヴィ夫人(笑)、ホリエモンのような『自分らしく楽しく生きている人』が好きだ。でもこの「自分らしく生きる」って、別に奇抜な変人になることでもなく、人の心を無視することでもなく、何も悩まないことでもないんだよね。

 

わたしはわたしらしく、

息子の離乳食一つでくよくよ悩み、何度言っても直らない夫の癖にむしゃくしゃして、寝顔見る度「日中もっと遊んであげれば良かった」と後悔し、これからも人に気を配りながら生きていくよ。

 

 

 

 

 

なんか突然人生語っちゃった。(赤面)

 

 

こんな息子が抜きん出ている発達面の報告をさせて下さい

▲最近のお気に入りポジション

心や言語の発達、離乳食はのんびりな息子ですが、振り切っている分野があります。それは…

 

運動発達

 

3ヶ月で寝返り、5ヶ月で自力でお座り、9ヶ月には歩いていた息子。
めちゃくちゃ早いわけではないけど割と早め。

最近は、手を使わず階段を上る練習を始めたようです…

 

安全だけは確保して、やりたがることは今は好きなだけやらせたい。得意なものはどんどん伸ばせるようサポートできたらいいな。

 

遅い部分て目に入りがちだけど、絶対得意な分野もあるから、出来ることを当たり前だと思わず存分に褒めて育てていきたい。

 

 

SNSで他の子と比較して焦りを感じてしまう人へ

タイムライン見てるともうみんな○○出来てるみたいで焦る
って言っている人をたまに見かける。

 

SNSって、基本的に「うれしいことを発信する人が多い場所だとわたしは思う。

で、育児においては「出来たこと」をすぐに投稿する人が多いから、周りがみんな早いような錯覚に陥る時があるけど、わざわざ「まだ〇〇出来ません」って言う人が少ないだけって考えれば、いちいち比較して気にする必要などないことに気付く。

 


全日本フリー画像に一瞬にして持ってかれる選手権優勝

 

自分も「立った」だの「歩いた」だの出来たことは嬉々として投稿してたけど、わざわざ「まだ何も喋りません!」とか発信しないし。

誰かに共感して欲しかったり、ネタにして気分上げたい時なんかは投稿するけど。「今日も食べません!昨日も食べません!きっと明日も食べません!」とかね。はぁ

 

つい比較してしまってモヤモヤした時は、目の前のもちもちの頬っぺたをツンツンしてごらん?(・e・)

 

 

 

 

では、
息子の輝かしい運動発達ストーリーを写真と共に振り返り、終わりにしたいと思う。

 

 

 

マイケルジョーダン顔負けのドリブルをする9ヶ月

 

 

念じれば扉が現れると信じている10ヶ月

 

 

転ぶ時手を出せるようになる11ヶ月

 

 

全日本が泣いたつま先の美しさ、1歳0ヶ月

 

 

1階から5階まで駆け上がる1歳1ヶ月

 

 

全米が泣いたつま先の美しさ、1歳3ヶ月

 

本日も誠にありがとうございました。

 

 

 

次回は、

【悲報】息子ついにサークルを乗り越える!最近の意図しない家庭内アスレチックの話

です。(白目)

 

お楽しみに。ではまたね。

 

 

 

 

 





-ゆかいな日常, 入魂の記事ピックアップ

Copyright© おもちが笑えば , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.