ゆかいな日常 入魂の記事ピックアップ

1歳6ヶ月、夜間断乳したら寝かし付けが1日で1番幸せな時間になった話

投稿日:

こんにちは、うみうまです。

ご飯を食べるようになった夜から、勢いに乗って夜間断乳に踏み切りました。今日で一週間。ほぼ完了したので記事にしてみました。

 



1歳6ヶ月の睡眠事情

1歳前あたりからようやくまとまって寝るようになり、最近は深夜に1回か2回起きるくらいだった。

22:00   就寝(添い乳で寝かし付け)
2:00  起きる
6:00  起きる
8:00  起床

6:00の授乳はあったりなかったり。でも大体2時前後には1回泣いて起きるので添い乳していた。

 

夜間断乳決行の動機は、日中どんなに歯磨きしても寝かし付けや深夜に授乳していたら意味がない、と歯科医に言われていたからだ。
「寝る前に牛乳飲んで歯磨きせずに寝てみ!朝には口ん中でヨーグルトになってるから!」だそう。試してないけど何となく想像は出来る…

 

あとは、寝かし付けに1時間以上かかる日もあり、最近はおっぱいを噛んだりつねったりすることも多くて憂鬱だったから

 

 

では、初日から書いていきます。

 

 

夜間断乳1日目

 

あのね・・・結果から言うと、

 

 

 

トータル3時間以上泣いてた!!

 

22:00 就寝(抱っこで寝かし付け)
1:00 - 3:15 ギャングマン
5:00 - 6:00 ギャングマン
8:00     起床

 

覚悟はしてたけど…眠い!!

新生児期ぶりのこの眠さ!!!!

 

抱いても水飲ませても激しく泣き続け…ほんとめげそうだったわ。

 

ていうか何の下調べもなしに断乳始めたから、ケツピタが抱っこしている間に今更ながら夜間断乳について検索してみたんだよね。そしたら・・・

 

初日途中でくじけて断念すると、その後母乳への執着がさらにひどくなる

 

って書いてあって・・・

 

 

 

正直「もう辞めようかな…一瞬でこの人を寝かせる武器二つも装備してんのに…」と思いながら調べたわけだが、これを読んで

続行することを決意。

 

 

結局初日は自分は2時間しか寝られなかった…。早く朝来い~早く来い~ってずっと祈ってた。

 

 

 

でも無事朝を迎えたら…

生まれて初めて、寝かし付けも夜間も授乳なしで乗り切った!!

 

と、達成感と眠気でぐちゃぐちゃだったわ。(いい意味)

 

 

 

夜間断乳2日目

この日から寝室行く直前に授乳することにした。「授乳→歯磨き→寝室」って流れの方息子も分かりやすいだろうし。

 

さて今夜もさぞ荒れるんだろうな…と覚悟してたんだけど…

 

まず寝かし付けから違った。

わたしが座って子守唄歌いながらトントンしてたら、全くぐずることなくスーッと寝た。


これはかなりレア!!過去2回ほど転がりながら自然と寝たことあったけど、1歳半までほぼ添い乳かケツピタの抱っこだったから。

 

22:00 就寝
2:00      添い寝トントンで1分で寝る
6:00      座って抱っこで5分で寝る
8:00   起床

 

めちゃくちゃ気合入れて挑んだ割にイージー!!

 

 

 

初日でエネルギー使い果たしたんかな。

 

 

 

夜間断乳3日目

22:00 就寝
6:00      添い寝トントンですぐ寝る
8:00   起床

寝かし付けは子守唄トントンで定着。1回起きたが添い寝トントンで1分もせず再入眠。

 

 

夜間断乳4日目

22:00 就寝
0:00      添い寝トントンで寝る
2:00      添い寝トントンで寝る
6:00      添い寝トントンで寝る
8:00   起床

トータル3回起きたけど、すぐ再入眠。

 

 

 

夜間断乳5日目

22:00 就寝
7:30   起床

生まれて初めて9時間以上通して寝た。

 

 

 

夜間断乳6日目

22:00 就寝
7:00   起床

一度も起きず。

 

 

 

夜間断乳7日目

22:00 就寝
6:30   起床

一度も起きず。たまに寝返りしてふにゃふにゃ言うがすぐ自分で再入眠する。

 

でも起床時間がどんどん早くなってきた。
寝たふりしてたら布団はがされ手引っ張られた…。寝室では授乳しないって決めたら息子もそれを理解したので起きるとすぐわたしをリビングに連れて行こうとする。

 

ついにわたしも、

「日本一夜更かしの主婦」のタイトル返還する時がきた…(誰に)

 

 

 

これにて夜間断乳完了。

 



 

寝ない赤ちゃん時代に思いをはせてみた

1歳半なら断乳しなくても自然と寝てる子も多いだろうけど、なんせ息子は寝付きが悪く眠りの浅い赤ちゃんだったので、こんな日が来るなんて…と胸が熱い。

 

そんな息子を振り返ってみた。

 

 

全然寝ない新生児

 

産まれたその日から、泊まり込んでいたケツピタと交代で24時間抱っこしていた。

 

 

床に置くと泣く息子。抱いてもうまく寝られず泣き続けていた。

 

 

 

生後3ヶ月まで昼も夜も抱っこ


体から離れると起きてしまうため、終日抱っこ。膝の上に乗せて、夜な夜なテレビを見て揺らしていた。

 

 

里帰り中、昔兄が使っていた部屋に居候していたため、テレビに撮りためてあった大量のAKB48の録画を眺めていた。(兄は元アイドルオタク)

 

 

 

夜中覚醒して遊びだす生後6ヶ月

 

就寝したかと思いきや、1時間後や2時間後に覚醒して遊び出す息子に悩まされた。

 

 

好きなだけ遊べばいいとほっておくと1時頃まで寝ないのでさすがにまずいと思い・・・

 

 

ねんトレの本を読み漁り出したのもこの時期。色々試したが効果はなく、結局時間が解決した。

 

 

 

初めて夜泣きをした生後7ヶ月

 

夜中何度も起きるのは日常だったが、明らかに泣きのレベルが違う夜泣きに戸惑った。

抱いても何しても泣き続ける息子に恐怖心すら抱いた…が、夜泣きは2日間で終わった。

 

 

 

腹の上でしか寝なくなり風邪をひいた生後10ヶ月


わたしの腹を枕にして寝るようになる息子。布団がかけられず冷えたからか、わたしは産後初めて風邪をひいた。

 

高熱の夜も授乳授乳授乳…しんどい夜だった…

 

 

しかし、ぬくもりを感じなければ寝られない息子は愛しかった。

 

 

 

離れると起きる0歳時代

 

昼でも夜でも、寝たと思っても離れるとすぐ起きる。

 

 

今日は何分もつか!?とお菓子タイムも時間勝負。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・

 

 

睡眠に関して悩まされた0歳時代。

 

 

 

人のぬくもりから離れること、

冷たい布団、

暗い部屋、

眠りに落ちる瞬間、

 

全てを恐怖に感じていた息子が、恐れることなく静かに眠るようになった。

 

 

 

おっぱいや抱っこでいつの間にか寝ているのではなく、

 

自分の意思で、寝ようとするようになった。

 

 

 

0歳時代の息子を振り返ると、込み上げてくるものがある。

よくここまで成長したなって褒めてあげたい。

 

 

そして・・・

 

 

 

 

 

 

わたし、よく頑張ったわー
(安定の自分褒め)

 

 

 

さいごに

これまで寝かし付けは「さて…今日最後の一仕事頑張りますかー」っていうスタンスで臨んでいたんだけど、夜間断乳完了した今は、寝かし付けがお楽しみの時間になった。

 

子守唄を歌いながら息子の肩をトントン、頭をなでなで。

息子はこちらを見上げて微笑んだり、突然立ち上がりダイブしてきたり、トントンの手をわざと止めると「休むな」とわたしの手を叩いたり。

 

寝る前の30分がひたすら穏やかで幸せなスキンシップの時間に変わった。

 

 

 

息子が眠りに落ちる時、体がずしんと重くなり、ほわんと温かくなるこの瞬間がわたしは好きだ。

やがて規則的な寝息に変わり、1日が終わったなって感じる。

 

 

 

寝かし付け出来る時期はきっと長くない。来年だってもう分からない。

少し前まではそんな余裕もなかったけどね。今となっては、もう寝室で添い乳しながらうとうとしてる息子を見ることはないんだなーと寂しくもある。

 

 

 

一進一退。
何かに悩むけど何かは前進したり、毎日目まぐるしくて面白い。

 

 

 

では今日はこのへんで。さっさとおやつ食べて寝なきゃ。

またねー。

 

 

 

 

 


 

 




-ゆかいな日常, 入魂の記事ピックアップ

Copyright© おもちが笑えば , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.