食事

【ブログ初投稿】とにかく進まない離乳食。息子1歳思い切って3回食をやめてみた話

投稿日:2018年5月16日 更新日:

こんにちは、そしてはじめまして。

離乳食スタートからとにかく順調に進まないことで有名な息子の母、うみうまです。

どれくらい進まないかと言うと、

1歳1ヶ月現在いまだにお粥大さじ2以上食べたことがないくらい進みが悪い。

 




8ヶ月間の離乳食を振り返る

簡単にこの8ヶ月を振り返ってみます。

 

いざ、

『離乳食振り返りの旅2017-2018』

~愛しさと切なさと絶望とほんの少しの希望を添えて~

 

 

生後5ヶ月

とりあえず5ヶ月ちょうどから離乳食スタートするも一口も受け付けない日が続く。

2、3日休んだりしながらトライし続ける。

 

生後6ヶ月

ほぼ受け付けない日が続いたが、お供えの気分で続けてみた。

 

生後7ヶ月

相変わらず受け付けない日が続くが、一口は食べるようになったので食材チェックを進めていく。

初めて人参小さじ1を食べ、拍手喝采を受ける。

 

 

この頃、

「あれ?もしかして離乳食つまずいてる?」

と感じ始める。(遅い!)

 

でもあまり焦ることもなくお供えを続ける。

 

生後8ヶ月

お粥小さじ1から進めないが、

柿とパンに目覚め、柿パン粥なら小さじ3くらい食べる。

 

生後9ヶ月

ベビーダノンを食べてから他の物一切受け付けなくなる。

 

この頃から、好き嫌いが激しいが、ヒットすると食い付きがいいことが分かったため、

試食程度の量を数種類用意する、まるでフレンチのようなメニューで好物探しの旅を始める。

 

▲品定めする目

 

大量ストック作りもこのあたりがピークかな。ほんと夜眠かったわー。

でも不思議とつらくなかったんだよね。名付けるなら、「食べない離乳食ハイ」だね。この後にひどい反動が来るので、頑張り過ぎ、ダメ絶対。

 

当時ツイッターにせっせとあげていた写真を一部紹介します。

 

わたし自身彩り綺麗な食事が好きなので毎回楽しんで用意していました。

新作5つに1つはヒットするので、ドキドキしながら毎回お出ししていました。(王様か)

 

 

食べない息子0歳時代の好物

好物探しの旅でやっと見つけた数少ない息子のお気に入りと言えば…

  • クリームソース(鮭やひき肉、ツナ、トマトなど具は何でもOK)
  • パンプキンスープ
  • 卵黄の茶碗蒸し
  • ひじきと人参の煮物
  • カボチャとお麩の野菜スープ煮
  • しらすわかめうどん
  • ミネストローネ
  • りんご煮
  • バナナヨーグルト

 

炭水化物はうどんと素麺とパン。

どんなに硬さを変え、好きなソースに混ぜ、姿形を変えても米だけは食べなかったな。(なぜか過去形。今後食べる未来が全く想像出来ない…)

 

 

好物が見つかってからの食事のメニューは、

「好きなもの+新食材を1つ」とか「好きなものだけ」みたいな感じで進めていきました。

 

 

生後10ヶ月

やっとぼちぼち食べるようになる。
この頃からやっと進んで口を開くようになり嬉しかった。でも食べむらもあり、一喜一憂の日々。

 

 

生後11ヶ月

つかみ食べはしないが安定してトータル100gほど食べるようになる(ただし好物だけ)
この頃3回食を始める。

 

食事中ベビーチェアを尻につけたまま遊び出す。

 

▼離乳食スプーンはこちらです

色々なスプーンを使ったけど、小鳥並みに小さい口しか開けない息子にはこちらが重宝しました。木なので口当たりも優しくておすすめです。

 

 

そしてついに・・・

生後12ヶ月 頑なにスプーンからしか食べなかった男が突然…

わたしの手からパンを食べる!!!

 

その後つかみ食べ!!!

 

 

わたし、夫、実母、離乳食の進みを心配していた者たち歓喜。

ようやく食に目覚めてくれたか!と誰もが胸を撫で下ろし、その晩眠りにつく。

 

今となっては、つかみ食べ=食への目覚めって発想が短絡的過ぎたとは思うけど…。それでも初めてのつかみ食べは感激したなぁ。

 



とにかく一筋縄ではいかぬ男

しかし翌朝目覚めてみると、
つかんで食べられる物以外一切拒否する息子がそこにいた

 

スプーン、手渡し完全拒否。
(極端か)

血眼になって蒸しパンを作るわたし。蒸しパン王になることを決意する。

 

 

数日蒸しパンを食べていた。
何も食べないよりはずっとましだ。野菜やたんぱく質も何とか練り込んで作ってみよう!と意気込んでいたのも束の間。

 

蒸しパンさえ食べなくなる。

 

アンパンマンのスティックパンしか食べなくなる。

スティックパン以外は全てハイチェアから鼻くそのように投げ捨てるようになる。

 

 

何かがわたしの中ではじける瞬間

わたしなりに色々考え離乳食を進めてきたわけだが、

米も野菜も食べず市販の甘いパンだけを食べ、作ったものを鼻くそのように投げ捨てる息子を見ながら考えた。

 

 

そうだ、食事やめよう
(JR東海のCM風に)

 

 

 

後編へ続く。

可愛い、ただそれだけで全てを許される息子。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人生初のブログで不慣れな部分も多いかもしれませんが、せっかく発信出来る場を確保したので色々日常の出来事や思いなど綴りながら、ゆっくり慣れて行こうと思ってます。

今後ともよろしくお願いします。

 

 

 

>後編はこちら

 

>離乳食作りで便利だったアイテムをまとめています
→離乳食グッズ

 

>息子の食事関連の記事はこちらから
→食事カテゴリ

 

 


 

-食事

Copyright© おもちが笑えば , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.