食事 入魂の記事ピックアップ

とにかく食べない息子1歳のストレスフルな3回食をやめてみた結果

投稿日:2018年5月30日 更新日:

【記事最後に追記あり:2019.1.28】

 

こんにちは。

離乳食始まって8ヶ月、過去最高に行き詰まっているのに過去最高に焦りがなく、ついに悟りの境地に達したうみうまです。

 

突然ですが…
有益な情報ブログが溢れている中わざわざわたしのブログを見に来てくれた方、ありがとう。
しかし、当ブログには、いわゆる解決策とかオススメの方法などはありません!!

 

息子が産まれて13ヶ月。
わたしは学んだ。

多くの赤ちゃんに効果があると言われる方法の多数が、我が子には何の効果もないということを。

そして…

 

多くの赤ちゃんに効果があった方法だとしても、たった1人の我が子に効果がなければなんの意味もないことを。

 

溢れる情報の中「赤ちゃんが好きなレシピ」だの「寝るようになる」だの、本を読みネットで検索しツイッターでいいなと思う方法を真似したり、まぁ色々やりましたわ。

色々やるけどなかなか我が太ましきこの息子にはヒットしない。情報に翻弄され、一喜一憂するのにもわたしは疲れた。

 

離乳食の本に関しては参考になったものも多いので、また今度息子が好んで食べたメニューなど書いてみようかな。

 

そして始まる後編

前編はこちら

 

元々食べない子だったけど、つかみ食べをするようになりますます酷くなり、アンパンマンのスティックパンしか食べなくなった息子(1歳1ヶ月)

作ったもの(蒸しパンやおやき、今まで好物だったクリームソースうどん、ヨーグルト、果物)一切拒否。何が何でも拒否。
そしてわたしは決意する。

 

そうだ、食事やめよう、と。

 

ここでいう食事とは3回食のこと。

 

▼母親の叫び

  • 食べない食事の時間なんてもうやめたい
  • テーブルから食べ物投げ落とされるだけの時間なんてもう嫌だ
  • 息子が食べたいタイミングがわからない

 

▼息子の叫び

  • 食べたくもないのにハイチェアに座らせるな
  • 少しは食べてもいいけどそれは今じゃない

 

お互いの叫びから生まれた、新たな食事スタイルがこちら

 

 

 

どんっ

 

 

?????????

 



 

お互いストレスフルな3回食から、終日フリーバイキングスタイルへ

 

お分かりいただけただろうか?

そう、ハイチェアに座らせた食事の時間をやめ、終日テーブルの上にパンやビスケットを置いておくスタイル。

パンは乾くと固くなっちゃうんで食べたそうな時に渡したり置いてみたり。ビスケットは息子がリビングいる間は切らすことなく終日出しておく。

 

 

すると…
(劇的ビフォーアフターのナレーターの声で脳内再生推奨)

 

なんていうことでしょう。

3回食の時より確実に意欲的に食べるではありませんか。

 

 

でも、わたしが食事中スプーンであーんして食べたそうな時にあげるためクリームソースうどんだけはストック作ってます。あとベビーフード(唯一食べるキューピーのうどん)も常備。めったに食べないけど。

 

理想やマナーは二の次、とにかく今は楽しく食べてもらうこと

離乳食スタート時わたしにも一応理想がありました。

  • バランスの良いメニュー
  • 整った生活リズムで決まった時間に食事
  • 薄味を心がけ和食中心
  • 食事の時間を楽しむ

 

一応1歳までは食べないなりに試行錯誤して理想を貫こうと足掻いてました。
でも息子のペースに合わせていくと理想を捨てていくしかない。

  • バランスの良いメニュー
  • 整った生活リズムで決まった時間に食事
  • 薄味を心がけ和食中心
  • 食事の時間を楽しむ

 

理想よりも今は食べてもらうこと。食べることに少しでも興味持ってもらうこと。
無理やり3回食の時間を取り、食べろ食べろという思いを隠し切れず引きつった笑顔のわたしなんてきっと息子も嫌だろう。

つかみ食べ出来るようになってあんなに喜んで褒めていたのに。
息子も確実に前に進んでいるのに(たまにムーンウォーク挟みながら)

 

 

同じ経験をしていないと共感は出来ないが、理解はできる

スティックパンしか食べない息子の鉄分やカルシウムが心配だったのでビスケットを導入してみたところ、今はほとんどビスケットしか食べず。

 

産前、お菓子は食べるのにご飯食べなくて困ってる知り合い見て「早くからお菓子あげなきゃいいのに」って思ってたこと、ケツピタの姪っ子が白米しか食べないのをあれって大丈夫なのかなって言ってたことを床におでこめり込むくらい謝罪したい。

 

子育ての悩みは経験した者しかわからない。わたしだってこんな見た目でかい息子連れて外食してて、両親だけガツガツ食べて子供にはビスケットしか与えてなくて、人によっては白い目で見てるかもしれない。

 

 

けど、離乳食に関わらず、そうせざるを得ない状況ってのが育児においては沢山あって、傍から見ると後指さされそうなことでも、当事者は試行錯誤して悩んで色々試してそれでそうせざるを得ない状況に落ち着いたのかもしれない。

色んな悩みを抱えた人がいる。
自分で経験してないことは確かに共感できないこともあるけど、出来るだけ寄り添って考えられる人になりたいもんだね。

 

 

後編と書いたけど見ての通り事態は全く収束してないので、多分まだまだ食べない息子の試行錯誤シリーズは続くでしょう(遠い目)

 

さいごに

食べない子を育ててるお母さん、大丈夫、うちの息子がいるよ
大丈夫、もっと食べない息子がここにいるよ

 

何も大丈夫じゃないけど傷の舐め合いで頑張れる時もあるよね…
共にがんばろう

 

 

 

 

いつか海苔や納豆をおかずにご飯をおかわりする息子を夢見て

 

 

 

 


【追記:2019.1.28】

その後の息子の軌跡・・・

 

▼この記事から1ヶ月後、一時的に食べるようになる。1歳2ヶ月。

 

▼しかし1ヶ月ほどでまた食べなくなり、1歳5ヶ月まで母乳とビスケットのみで過ごす。
この頃の苦悩と気付きをまとめた記事がこちら。

 

▼0歳で食べない子に悩むお母さんにはこちらも合わせて読んで欲しいです。
離乳食は焦って進めていいことはゼロだと悟りました。

 

▼丸3ヶ月食事を摂らなかった息子。1歳6ヶ月でついに食に目覚めます。
息子が産まれてこれほど嬉しい日があったでしょうか。

 

 

現在息子は1歳9ヶ月になりました。1歳6ヶ月に食べるようになってから、1日として食事を摂らなかった日はありません。むしろ食べ過ぎが心配なくらいもりもり食べています。

食べるようになってからは、0歳時代の反省をふまえ、決して焦らず息子のペースに合わせてゆっくりゆっくり進めてきました。生野菜や茹で野菜、煮たものは食べないため、野菜をたっぷり混ぜ込んだお好み焼きや焼きおにぎりなどよく作りました。

 

1歳の息子が好きな手づかみメニュー!うどんもご飯も【お好み焼き】レシピ公開

【記事最後に追記あり 2018.12.9】 こんにちは、うみうまです。 息子1歳7ヶ月、一口サイズの手づかみメニューしか食べ ...

続きを見る

焼き目を愛する息子1歳の手づかみメニュー【具沢山焼きおにぎり】レシピ!離乳食完了期~幼児食

こんにちは、うみうまです。 食事の記事が連日続いて興味ない方には悪いんだけど、備忘録もかねて更新します。   てい ...

続きを見る

 

フォークやスプーンもたまに教えたりもしますが、手づかみで美味しく食べているなら今すぐ使える必要はないと、先延ばしにしています。

食べない時期が長かったので、3ヶ月以上たった今でも、一口食べるごとに拍手喝采の中息子は食事しています。それは楽しそうに嬉しそうに食事をしています。

口の中にいっぱい詰め込んで、頬に食べかすつけながら…

 

楽しく食べるって本当に大事だなと痛感しています。

 

楽しい食卓は0歳の頃からずっと心がけていたつもりでした。でもやはりいつもどこかで焦っていました。

野菜をもっと食べて欲しい。
そろそろつかみ食べをして欲しい。
とろみのあるものばかり食べて心配。
パンばかり食べていて心配。
噛み取りが出来たら。
もっと沢山食べてくれたら。

 

今、何も焦りはありません。まだ同年代の子に比べれば出来ないことは多いですが、家族揃って楽しく食卓を囲むこと以上に今必要なことって何だろうと考えると、そこまで鬼気迫る課題などないことに気付きます。

 

きっとこの記事を読んでいる方は、食べムラや偏食に悩むお母さんが多いと思います。
解決方法など何もないブログですが、食べない族のトップレベルの偏食児だった息子の記事を読んで少しでも心が軽くなってくれれば…と思います。

 

ある日突然食に目覚める日がきっと来ます…

一生食べない人はいないから…

 

どうか頑張り過ぎないでください。

一人でため込まず誰かに相談したり愚痴ってみたりしてください。

思い詰めないでください。

 

応援しています。子供の食に悩む全てのお母さんが数年後には笑い話にしていますように。

楽しい食卓はすぐそこです。大丈夫です。

 

 

 


 




-食事, 入魂の記事ピックアップ

Copyright© おもちが笑えば , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.