日々のこと 入魂の記事ピックアップ

1歳9ヶ月の息子が初めてお月様を見た時の反応がすごかった話

投稿日:2019年1月22日 更新日:

こんにちは、うみうまです。

お久しぶりの更新となりました。

 




初めて月を見た息子の反応

車に忘れ物を取りに行こうと思ったが夫がまだ帰宅しておらず、

しかしまだまだ絶賛後追い中の息子を置いていくことも出来ず、抱っこして外に出た。

夜20時くらい。

 

満月ではないけど、「やや満」くらいの月が綺麗に見えていた。

 

夜に出かけることってまずないので、

もしかして月を見るの初めてか?と思い、何気なく息子に「あれがお月様だよ」と言ってみた。

 

すると・・・

 

 

 

わたしね、

 

「目を丸くする」

 

これって比喩表現だと思ってたんだけど、違ったわ。

我が息子が実証した。

 

目を真ん丸にし、まばたきも忘れ放心する息子。

 

これは初めて本物の踏切を見た時の比じゃない…

初めて電車に乗った時の比でもない…

 

 

わたしは確信した。

きっとこれから彼の中で、

空前の「おつきさまブーム」が来ることを。

 

 

予感は的中した。数秒後にはもう始まったのだ

寒くなってきたので部屋に戻るや否や、絵本棚へ走る息子。

彼が手に持っていたのは・・・

 

 

 

『おつきさまこんばんは』

 

 

やっぱり、さきほど見たあの美しい月と、赤ちゃんの頃から繰り返し読んでいた絵本の月がリンクしていた!!

 

もう感動…

 

▲今から1年前(生後9ヶ月)、寝る前「おつきさまこんばんは」を読み終わる度、もっと読んでと泣いていた

 

月を見たことがなかった息子。

長い間この絵本をどんな気持ちで聞いていたんだろう。息子の好きなうさこやコッシーと並んで、何かのキャラクターとでも思っていたのだろうか。

 

あんなに美しいものが正体だったなんてわかったら、そりゃあ目も丸くなるよね。

冬の澄んだ空に浮かぶ白くて大きな満月に、一瞬も目を奪われない人なんてきっといない。

 

 

一瞬で月の虜になってしまった息子

興奮気味に絵本を持って走り回る息子。

すっかり月…いや、「月子」に魅了され虜になってしまった男をクールダウンさせるため、

「おつきさまこんばんは」を読んであげた。

 

が・・・

逆にヒートアップさせてしまった。

 

 

絵本を片手に、

外へ出ろ!連れていけ!月子の元へ!早く!

と言わんばかりに、力強くわたしの手を引く息子。

 

そして・・・

 

 

 

月子、アゲイン。

 

恍惚の表情で月子を見つめる息子。

月を見上げながら絵本を朗読。

 

何ともほのぼのした光景のようだが、1月である。

真冬の20時半である。

 

 

 

その後また部屋に入ったが、興奮さめやらぬ息子。

 

 

手を引く息子に根負けし、外に出ること3回。

11キロの息子を抱いて、1日の終わりに階段の上り下りをすること3回。

 

 

外にいると、夫が帰宅。

事情を説明すると、「そうか、よかったね。すごいね。」って何やらとても嬉しそう。

 

この話を聞いて普通に喜べる人で良かったなとふと思った、真冬の空の下であった。

 

 

さいごに

こんな感じで、二次元でずっと見てきたものと本物がリンクする瞬間ってこれから沢山ありそう。

息子とは言え、

一人の人間のそんな瞬間に立ち会えるって、贅沢だなあと思った。

 

 

今回は、わたしのブログには珍しくタイムリーでホットな内容でした。今日の話だからね。藤井隆ばりにホットホットよ。(世代)

 

ところで、わたしが新年早々こちらの記事☟で書いた抱負を覚えてる方いますか?

2019年あけました!新年のご挨拶と今年のブログに関する抱負

あけましておめでとうございます。 初夢にサンシャイン池崎が出てきて先行き不安なうみうまです。 アウトレットの初売りはやはり激 ...

続きを見る

 

記事内の、抱負を抜粋すると・・・

 

今年は、もうちょっと頻度を上げて行くのが目標!!

目指せ月10個!!イエー

 

 

10個。

 

我ながら低い目標設定したつもりだったんだけど、今月更新したブログの数はこの記事合わせて、

7個。

 

今月はあと9日。

 

何が何でもあと3つ更新します。

 

 

ただの意地です。自分で目標たてておきながら、さすがに1月に挫折するわけにはいかない!!

 

というわけで、また近日中に更新するので見捨てないでください。

おやすみない。

 

 

 

 

たまには夜空を見上げてごらん。

月子が輝いているよ。

 

 

1月の寒空の下、

パジャマで月を見上げるまぬけな親子を笑うかのように。

 

 

 

 

>こちらも合わせてどうぞ
黄金色に輝くイチョウ並木を見て2歳7ヶ月の息子が呟いた言葉とは…

 


 

-日々のこと, 入魂の記事ピックアップ

Copyright© おもちが笑えば , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.